いとうあさこに激似の韓国の実力派女優イ・ミド

韓国の女優イ・ミドさんを艶子が最初に知ったのは、AbemaTVでチャン・ヒョクとチャン・ナラ主演のドラマ「運命のように君を愛してる」でチャン・ナラの姉役として登場した時のことである。

2019年4月現在、Amazonプライムで対象。

AbemaTVで「運命のように君を愛してる」を最初に放送したのはいつだったっけな??
あまりにもいとうあさこに激似のイ・ミドさんにコメ欄がザワつき続けた記憶ある。w
えっ!?いとうあさこじゃなくて??って感じで。

「運命のように君を愛してる」イ・ミドさん登場1:11~↓

激似すぎてソワソワし続けた。そっくり。

ちょっとここで日本の芸人さん、いとうあさこさんの方を見てみよう。↓

やっぱ似てるやん・・・・。

 他にもいろんなドラマに出てる

2013年「未来の選択」でユン・ウネちゃんより2歳年下の先輩という微妙な立ち位置の同僚を演じたイ・ミドさん。↓

同年2013年、「スベクヒャン」に出演。主役スベクヒャンの母の侍女だった役。

2015年のドラマ「恋にチアアップ!(「チアアップ!」というタイトルで扱われていたり、原題の「不躾にゴーゴー」というタイトルで扱われることもあるみたい)では、チアリーディングの先生役で身軽な身体能力を披露。↓アクロバットやダンス、キックボクシングも得意らしい。

2017年のドラマ「お父さんが変」でウエディングドレス姿を披露↓。芸人いとうあさこさんを基準に見ると気が付かなかったけど、こうやって見るとイ・ミドさん普通にキレイだよね。

イ・ユリおもろw

 キレイかブサイクか

いとうあさこさんとイ・ミドさんは、ほぼ同じ顔なのに、芸人さんと女優さんって職業が違うとブサイクになったりキレイになったりするものだね。

CM中にブサイク扱いされている、いとうあさこさん出演のCM↓

似てる・・・w

↓ヘアメイクなど小綺麗にしてトーク番組に出演しているイ・ミドさん。ちゃんと女優さんだ。なんかベテラン感がある。たぶん私たちには、ブサイクというカテゴリーに属しているという売りの芸人さんを先に知っていたので先入観が先にあってソワソワするのかもしれない。もし先にイ・ミドさんを知っていたら、いとうあさこさんを芸人さんとして後から発見したら全然違う感覚になったのかも?

キレイとかブサイクとかは、なんか言ったもん勝ちみたいな感じがあるよね。いとうあさこさんだって個人的にはあんまりブサイクとは思わないもんなー。公共の電波でブサイク扱いすれば、世間もそれに流されてブサイクだってなってくる感があるしね。お顔のベースは関係ないっていう感じがする。ヘアメイクをちゃんとしてキレイに見せることも出来るし、ノーメイクで髪をボサつかせるだけでブサイク感を出すこともできるし。

いとうあさこさんはブサイク戦略だから仕方ないのもしれないけど。でも自分にそっくりな人が外国でブサイクを売りにした有名人だったら微妙な気分かもしれない。

逆に自分にそっくりな人が外国で女優さんだったら、けっこう嬉しい。w

 世界に3人は自分にそっくりな人がいるっていうよね

世界に3人は自分にそっくりな人がいるって言うしね。もう一人くらい、いとうあさこさんとイ・ミドさんにそっくりな人がいてもおかしくないよね。アジア以外でも見つかってほしいなw

まぁ、でも彼女たちの顔立ちはアジア圏の顔っぽいとも言える気がする。

 イ・ミド

1982年5月25日生まれ。2019年5月で37歳になる。2004年にイ・ジュンギ主演の映画「僕らのバレエ教室」で生徒役としてデビュー。

2015年、第一回Scene Stealer Festival(シーン・スティーラー・フェスティバル)でオンラインのビッグデータをもとに視聴者の心を掴んだ演技を見せつけた俳優に贈られる賞(シーン・スティーラー・オブ・ザ・イヤー)を受賞。この賞はイ・ミドさんを含む22人の俳優が受賞した。

イ・ミドさんは色んな側面の役柄を務めることができる俳優として評価されている。



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る