紅茶にハマる。専門店ルピシアの会員限定イベント大試飲会に行ってきた。

 ルピシアの大試飲会に行ってきた!

ルピシアの会員だけが入れるという試飲会のイベントに行ってきた。艶子は会員じゃなかったけど、友人が会員だったんで同伴者として入ることが出来た。

会場には沢山のブースがあって、いっぱい色んな種類を試飲できる。
世界中の美味しいお茶をティスティング!

 テイスティング

各ブースの中には、こんな感じ↓でお茶の種類ごとに茶葉、淹れたての紅茶、小さい紙コップ、商品が並んでいる。このセットが会場中にいくつもある。

沢山の人が試飲するから、スタッフの人がどんどん新しいお茶を淹れてくれる。だからホットはちゃんと温かいものが飲める。茶葉の香りも確認できるように置かれてある。

アイスで飲むと美味しい紅茶は、ちゃんとアイスが準備されていてベストな状態で試飲できちゃう。

これで会場に来た人は気になるお茶を小さい紙コップに少し注いでテイスティングしまくるわけ。

缶のコレクションもいっぱい。直径8センチほど。
缶の中の茶葉の香りを確認できる。

こんなに沢山種類があるとテンションが上がって、気付いたら専用のショッピングバッグの中に色んな商品が・・・。考えて入れたはずなのに、たぶん必要以上に買おうとしてると思って、食事どきが終わって人がいなくなったテーブルに並べて本当に必要かを本気で考え直した。。w

缶は、どうしても1つは欲しくて艶子が購入したのがこれ↓

ボン・ヴォワヤージュ。パッケージがすごく可愛いのと、シナモンやお花の香がしたから。これは2018年の限定パッケージでボン・ヴォワヤージュ自体はルピシアのサイトでも購入できるんだけど、このパッケージじゃなくて絵のないシンプルなやつ。

このパッケージはどこかで見たなと思ってたら、限定販売されてたブック・オブ・ティーっていう紅茶のギフトセットの絵のタッチと同じだった。

以前、ルピシアの店舗で買い物したときに、この広告が袋に入ってた。このセットはイベントには置いてなかったけど、缶がゲットできたから嬉しい。
この絵は誰が描いたのかなー?可愛いなー。

後から気付いたけど、このイベント自体の絵もこのタッチだった。

 実演

会場では、ルピシアのお姉さんがインドの民族衣装風の服を着てチャイの淹れ方を実演。このデカいカップはテイスティング用なので2L作ってる。空気を入れて泡立てるためにこうやるみたい。家で2Lはさすがに作らないけど、パフォーマンス的に見ててすごいな!って思った。自宅では1/4くらいでやってみてもいいかも?

このお姉さんは自宅のお風呂場でこれを練習したらしいw
練習の成果が出てた。

艶子は以前、外国のマックで初めてチャイを飲んで気分が悪くなって以来「チャイは苦手!」と思い込んでいたんだけど、このチャイは本当に美味しかった。スパイスを入れてた。初めてスパイスの入ったお茶を飲んだけど、すごく美味しかった。気分も悪くならなかった。

 ハーブティーもある

ルピシアには茶葉を使っていないハーブティーもある。

友人が出産祝いのお返しにくれたのがルピシアのハーブティーだった。このハーブティーにこれまたハマった。それで今回の試飲会で買い足してきた。

セ・パフェ

セ・パフェはハイビスカスの色がキレイに出て、酸味もイイ。はちみつを入れるとさらに美味しい。お通じもよくなる。

ちなみにその時のお返しにもらった缶には「赤ちゃんが生まれました」ステッカーが貼ってあった。直径11センチくらいで、イベントで並んでたやつより一回り大きい。

 結局、会員になった

3,240円以上買うと会員になれるらしくて別にならなくてもいいかなと思ってたんだけど、年会費とかかからないし6カ月くらいサンプルのお茶を送ってくれるらしくて、3,240円以上買ったから結局、会員になることにした。

会員になったから、また来年イベントに来れる。今度は私が会員じゃない友達を連れてイベントに入れるみたい。

 今、とても紅茶にハマってる。

ドラマを見たり、ネットを見たりするとき、時間の質をより高めるためにホットドリンクにこだわっている面がある。

以前は自宅で飲むのはスーパーで手に入る粉のやつとか、王道のリプトンまでくらいで止まってた。特にアップルティーとか好んで飲んでいたんだけど・・・。

  こういうやつ↓

    

これはこれで美味しいんだけどさ。

ハマったきっかけは紅茶専門店のルピシアの個包装したやつを友人にもらったこと。
その時の写真。お茶の名前を忘れないように写真に撮ってた↓

    

この時もらったのが、
ロゼ・ロワイヤル」と「黄金桂」。
香りがすごく良くて2つは全然違う種類のものだった。

ロゼ・ロワイヤルは、お花のような甘い香りが広がる感じ。
黄金桂は本場の中国茶っていう感じ。

「良いお茶ってこんなに美味しいんだな」って思った。

2つを飲んだ後、この紅茶専門店ルピシアがイオンにあるって聞いて店舗でこの2つ「ロゼ・ロワイヤル」と「黄金桂」を購入した。

缶がおしゃれ。

これが紅茶にハマりだしたきっかけ。

 まだまだいろんな紅茶に出会いたい

ルピシアには色んな国のお茶があって国によってお茶の感じが違うのも面白い。アルゼンチンとか南アフリカとかのお茶も買い付けて来てるみたいでルピシアのページを見てたら「おいしいお茶のためならどこにでも出かける」って書いてあってウケたw その根性のおかげで、我々がこんな美味しいお茶を楽しめるわけねw

紅茶にハマってて、とにかく色んな紅茶が気になってて、最近ちょっと気になるのがロシアのクスミチョフさんって言う人が始めた紅茶のお店クスミティーってやつ。ルピシアにはないロシアお茶とかがあってロシアの皇帝がお気に入りだったお茶とかもある。このクスミチョフさんはロシア革命のときにフランスに移住してそこでお店が発展したらしい。だからフランスに本店があるみたい。

やばいな、世界中のお茶を楽しんでみたい!



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る