ダンス初心者が人気ダンサーのレッスンで30日で初舞台を体験

 Ashly Perez アシュリー・プレズがダンスにチャレンジ

ダンス未経験のアシュリーさん(Ashly Perez)が人気ダンサーのカイル・ハナガミさんのレッスンで、たった30日で初舞台に挑むというチャレンジをした。アシュリーさんはBuzzFeedでライターの仕事をしていてコミカルな性格が人気。

アシュリーさんは以前、韓国に英語の先生として滞在していて、その経験をもとに2013年に書いた記事「I Was’t Beautiful Enough to Live In South Korea(韓国で生きるには私は見た目不十分)」という記事がバズったことで名前が知られている。(アシュリーさんはキューバ、フィリピン、韓国の血を引くアメリカ人)アシュリーさんが出る動画の再生回数はすごくて、この30日ダンスチャレンジも900万回再生を超えもうすぐ1000万再生に届きそう。おしゃれな友人に洋服を選んでもらう動画は800万回再生を超える。(どちらも2018年6月現在)再生回数から彼女の人気がわかる。メディアスター。

0:14からダンスやったことなアシュリーさんの感じの映像があるけど、ツボったw 誰でも最初はこんなんだろうけど、なんか可愛さすら感じるわw

(0:18)    
(1:17)    
(3:31)    (3:42)    
(4:18)    (4:29)    (4:46)    (4:57)    
(5:08)    (5:36)    (5:57)    
(7:13)    (7:24)    (7:53)    
(8:40)    
(9:28)    
(10:09)    (10:27)    (10:53)    
(11:11)    (11:53)    
(12:19)    (12:44)    
(13:56)   
(14:49)   
アシュリー
(0:18)こんにちは!アシュリーです。セクシーになるにはどうしたらいいか学びたいと思います。みなさん私のことをたぶん変わった人って知ってくれてるとは思いますが、そういうキャラをやるのってすごく安心できるし、変な顔をしたり誘惑の仕方を知らない感じは、ホント面白いと思う。だけど実際、その変な感じは私自身っていうことでもある。セクシーさを感じるには他にも方法があるのに、なんでダンスなのかってみんなは聞くんだけど、私には一番自信がある人はダンスフロアでただ自分自身を感じていて、見え方もすごい。そして私は自分の体をそんな風に思ったことない。

早くに思春期をむかえて、私はみんなより背が高くて、ぜんぜん女性らしくなくてガッシリしていて、自分自身でいることが好きじゃなかった。基本的に自分の事を美人なセクシー系ではなくて頭脳系ってカテゴライズしてた。

この動画のルールは

1.自信を持って踊る
2.30日で学ぶ
3.同僚たちの前で踊る

(1:17)このアイディアを思いついたとき、先生が必要だって思った。それでカイル・ハナガミに連絡した。この動画のことをカイルに説得したら、カイルは私にダンスを教えるためにヘイリー、エマ、アシュリーの3人のすごいダンサーたちを見つけてくれた。私のダンスマムみたいな感じになった。

最初に起こったのは、私がカイルに電話したときで「ダンスの時どんな服をきたらいいか分からない」って言ったんだけど、カイルは「あー、ゆるいダンス用の服みたいな感じだよ」って言って、その意味が私にはよくわからなかった。最初のレッスンでカイルはタレントエージェントと契約した人だけが受けるレッスンに私を入れた。行ったこともないプロのレッスンに行って、私はピンクのフードを着てて、みんなは黒の服を着てた。カイルは私をサメたちの中に投入したw 一番上から始めて一番下に急降下。

アシュリーさんのピンクのフード、艶子はかわいいって思った。

サメクラスはこれやろね↓

横にちらっとでも映ってないかって探してみたけどいなかった。でも振りがそうで1グループ目のセンターの男性や他にも同じ服の人がアシュリーさんが参加したサメクラスにいるから、そうかと。

アシュリー
レッスンの後、ダンス用の服や靴を持ってないって気付いた。カイルが言うには・・・

カイル
自信を持ちたいんだよね。汗ジミが見えないようなのとか、スニーカーがいるし、女の子ならヒールが重要だね。

アシュリー
ちょっ、え?

アシュリー
ヒールの靴なんてこの4年で1つも持ってない・・・カイルはそれにショックを受けてたw

カイル
ヒールをひとつも持ってないの!?

ヘイリー
薄くて高さのあるヒールがいいわね。どっしりした厚くて太いのはイカサマよw

アシュリー
カイルとヘイリーと私はモールにヒールを買いに行った。ダンス用のヒールは特殊でグラつかないために足首周りの構造がないとダメで、私はたぶん一番、生まれ持って不器用かも。(3:31) 2人は私を歩かせたり回らせたりした。その時に初めて「隙だらけでこれから始まることがコワい」って感じた瞬間だった。そして2日目、ダンスブートキャンプがやってきた

 個人練習 初日(2日目)

 基本的な練習

(3:42)まずは歩き方から練習することに。

  • 歩き方
カイル
今からやるのはフロアを端から端に歩くこと。歩くのはどのジャンルのダンスにでも使える。
アシュリー
ただビートに合わせて歩くのね
カイル
そう、ビートに合わせて

アシュリー
ここに来て振りをやることから始めるって思ってたけど、全部の基本になることをやるべきだって気が付いた。それが一番、自意識を感じるやり方だった。レッスンで気付いたのは私は誰ともアイコンタクトをしないってこと。私は俳優なのに・・・。※

(アシュリーさんはBuzzFeedが制作するドラマに出演してる。ドラマちょっと見たけど、普通に違和感なかった)

カイル
僕が反対側に立ってるから、僕にアイコンタクトしながらやってみて

(4:18)

  • 歩き方+
  • アイコンタクト
アシュリー
だけどアイコンタクトは自信を持って歩くのに役立った。そして色々追加があって頭の中がまたフリーズしてしまった。
カイル
(4:29)次にやってほしいのはトリプルステップ
「歩いて、歩いて、トリプルステップ 歩いて、歩いて、トリプルステップ」
トリプルステップの次は指を鳴らしてほしい。「右。左。右、左、スナップ」
次にターンにチャレンジしてみて。
アシュリー
え、ターン!?進むのが早い💦
  • 歩き方+
  • アイコンタクト+
  • トリプルステップ+
  • 指を鳴らす+
  • ターン

カイル
(4:46)右。左。右、左、スナップ。
右。左。右、左、スナップ。

逆にターンしようとするアシュリーさんにカイル先生がすかさず「No」!

 ボディーロール
アシュリー
(4:57)今日は信じられないくらいの数ボディーロールをした。ボディーロールしても、しても、ボディーロール。この動きは一番わたしを困らせた。だって一番セクシーで流れるようにやらなくちゃいけなくて、それが無理って感じだった。
カイル
(5:08)右手を使って体におろしてくる。大丈夫だよ、自分の体に触るのを怖がらないで。君の体なんだからw
アシュリー
わたし自分の体が好きじゃないww
カイル
左に一歩下がって、顔はこっち向き。そしてボディーロール。
アシュリー
wwww(できないw)
アシュリー
レッスン中にすごい素晴らしい瞬間があって、私がいっぱいいっぱいになってるのにカイルが気が付いて「何か音楽をかけよう。みんながやってるゲームを僕が見せてあげるよ」ってなって、そういうのを確か、「ビート」とか言ってたと思う

(5:36) ×ビート → グルーブ

カイル
グルーブって呼ぶんだけど、基本的にグルーブから始めて、どう修正するか僕たちが言っていくよ
アシュリー
ヘイリーはビート(グルーブ)で踊り始めてカイルは「よし、目を閉じてやってみよう」って言って、そして今度は「顔をあげてやってみよう」って。「そしたら、どんどんバカバカしくなってきて君は楽しみ始める。そしたらただ音楽を感じようとしてみる。やるべきことは他に何もなくなる」って。
カイル
(5:57)みんなにウインクするんだ!
5、6、7、8、はい、ウインク!
アシュリー
最後のそれがすごく楽しくって「あ、楽しまなくっちゃ」って感じになった。それがダンスなんだ、って
カイル
今日は彼女がどのくらいなのか確かめる日だった。彼女にとってのセクシーを見つけてあげたい。みんなにとってセクシーは同じ定義じゃない。だから自信を持たなくちゃ。だって彼女はとっても可愛らしい子で、やりたいことに自信がない人を見ると僕は胸が痛むよ。
アシュリー
30日間の最後にパフォーマンスを同僚たちの前でやるなら、練習も早く始めないといけない。わたしたちは色んな曲から探して、カイルと会ったある日ジョジョのこの曲を見つけた。2015年の「ハイヒール」っていう曲。ドラムの音がなるとすぐにカイルは「これがセクシーな曲だ!」ってなった。
アシュリー
ヒップホップ系をやるんだって私は思ってたんだけど、カイルはフロアの真ん中に椅子を引っ張ってきて「ヒールを履いてこの曲をやるよ。フラッシュダンスみたいなスタイルになる」って言った。

アシュリー
最初のレッスンの後、私には基礎練習が必要で一番いいのはバレエってカイルが言ってたから、メリッサ・サンドヴィグ(Melissa Sandvig)のバレエレッスンを受けに行った。メリッサはプロのダンサーでSo You Think You Can Dance(アメリカの人気ダンス番組)に出てた人。バレエはすごくきつかった。

 バレエレッスン

(7:13)

メリッサ
基本から始めます。バレエのメインは姿勢です。脚を伸ばして出来る限り背を高くします。姿勢の正しい位置を見つけて下がります。

(7:24)アシュリーさんの膝がパキっ!パキっ!と鳴るw

アシュリー
おぉぉぉ、聞こえた??ww
メリッサ
(7:28)あなたの体の一番きれいなラインや形です。

(7:31)やってみるアシュリーさん

メリッサ
ほらきた!いいわね!
アシュリー
今のは、今までの中で一番いいやつだった
アシュリー
全部、体を美しくしたり、ラインをキレイにしたりすることで、私にはけっこう大変だった。「よし、セクシーに、自信をもってやろう」っていう感じにすでになってたし。それで今度はバレエのレッスンで全部が上品でエレガントでいることや、美しくいることになったから。私はそのどれでもないしw

 振りを覚える

アシュリー
(7:53)毎日、振りを練習する時間。カイルとエマと1時間、振りを覚えて練習。何百回もやらないといけなかった。最初の週、わたしの膝はフロアでたくさん練習して紫色になった。毎回フロアに寝そべって床に膝をついて体を支えないといけなくて、超ハード。ダンサーたちは、どうやってるのかわかんない。

★7日目

アシュリー
今日は全身が痛い。肩も膝も痛くて、ちょっと変わったキックで膝の裏が痛い。そして今日は全部ヒールを履いてやる予定。一方では出来ると思ってなかったことを学べるのがすごくワクワクして楽しみで、もう一方では「今日は、もうエネルギーが残ってない・・・」っていう感じ
アシュリー
ヒールで歩いた最初の日、私はT-Rexみたいな歩き方だった

(8:40)
カイル:膝を曲げて歩いてるよね

アシュリー:どういう意味??

カイル:こういう感じで歩いてるってこと。見てて。(8:45)ちょっとT-Rexみたいでしょ。

アシュリー:ビヨンセになるのは難しいね。

アシュリー
生活がロッキーみたいになり始めた。映画を見るのは楽しいけど、実際にはホントつらい。毎日、小さな達成を出来るのが好きだった。「よし!この動きをマスターした!!」そしたら、カイルは新しい動きを教えてくれるんだけど、私は「この動きは私には無理だわ」みたいな感じで彼を見た。そしてまた私の頭はまたいっぱいいっぱいになってメンタルゲームを始める。
アシュリー
頭の中の片隅に悪くなってるように感じる自分がいて、もう新しく覚える振りはなくなったんだけど、今度は一つ一つの見た目がちゃんと出来てるかを心配してる。ちゃんと出来てないって見えるとき頭の中がそればっかりになり始める。さらに全然慣れてないヒールを履かないといけない。

 スペシャル・セレブリティゲスト

アシュリー
(9:28)カイルは私たちを手助けしてくれるスペシャルセレブリティゲストがいるって言い続けながら誰が来るか内緒にしてた。私にはそれが誰だか全然わからなかったけど、2週間わたしの周りのみんなもゲストについて言い続けてて、もう少しで誰なのか言ってしまいそうになってた。
カイル
僕の友達の素晴らしいゲストだよ!
ジュリアン
ハーーーーイ!!!
アシュリー
アーーーーーーーーーー!!!!😍😍😍
艶子
アーーーーーーーーー!!!!!😍😍😍
アシュリー
すごいっ!!
アシュリー
ジュリアン・ハフ!!なんてことなの!!
アシュリー
彼女のエネルギーが好きだし、彼女の存在が好きだし、はつらつとしてるけど、彼女は業界トップダンサーのひとり。
ジュリアン
よくやってるって聞いたわよ。
アシュリー
私Dancing with The Starsに出演してるみたい

※Dancing with The Stars: アメリカの人気ダンス番組

ジュリアン
練習したことを見てみましょ!
アシュリー
OK!見てみて

(10:09)ジュリアン・ハフに踊って見せるアシュリー。

アシュリー
今まで踊った中で一番、出来が悪かった。完全に目的を見失ってパニックになってた。ただ振りがごちゃごちゃにならないようにして、全然だめだった。
ジュリアン
(10:27)明らかに、ここから(お腹あたり)から下は出来てる。肩から先も出来てる。けど、上半身を忘れてる。あなたがやってるのは、ただ脚を持ち上げて歩いてるって感じるの。ちょっと私の背中を感じてもらえる?(10:42)
アシュリー
ジュリアンは彼女の背中を触らせてどんな感じか私に確認させてくれた。踊るっていうのはどれだけ全身と背中で動いてコアの部分が先導してくれるのかっていうのを感じた。それがわかったことで、大きく違ってきた。
ジュリアン
(10:53)そう!そう!見た!?手足だけじゃなくて全身が動いてたわ!
アシュリー
ジュリアンとカイルが言い続けていたことのひとつに「そのキャラクターにならないといけなくて、自分の体に心地よく感じないといけない」っていうのがあって、それで私がやったのはお家に帰って音楽をかけて、とりあえずただ踊った!

 ただ、踊る

アシュリー
(11:11)今日はただ帰ってくるだけって思ったんだけど、好きな音楽で楽しむためにちょっとだけ踊った。ボディーロールをやって、あとは心地よくないって感じる動きを全部やった。すごく夢中になって肩を動かしたり、こんなこと言うのは変だけどもっとセクシーになった感じにしてみたり。だって意図的にこれまでそうなろうとしたことも考えたこともなかったから。

そして幸せを感じ始めた奇跡的な瞬間がおとずれた。振りがないことを気にすることをやめた。そして鏡をみると、自分が良く見えた。自分がセクシーに見えたの!これってクレイジーなことだわ!誰のためでもなく、決まった振りもなしでただ自分自身で踊ってセクシーだって感じる。その時が感情的に私のターニングポイントだったと思う。

 20日目

カイル
(11:53)たった今、練習が終わったんだけど、アシュリーはよくやってる!思いのほか僕は感銘を受けてる!成長してるし、自分で駆り立てて努力してる。出来ないことがあるとき、彼女は「大丈夫、続けよう!」って感じで、出来るようになるんだ。
エマ
アシュリーは自分自身で何が悪かったか修正点をさがしてる
カイル
まだぎこちないところもあるけど、彼女はすごいことやってるんじゃないかな!

 風邪をひいた

アシュリー
(12:19)あと一週間くらいなのに、私は風邪をひいてしまった。
アシュリー
パフォーマンス前の最後の週末で、カイルとエマに今朝 会うはずだったのに、体がだるい。今日は前にやった映像を見て過ごす。何が悪かったか、もっと改善できるところを見てみることにする。今週、体調がよくなったらいいけど・・・。

 最後のリハーサル

カイル
(12:44)僕は感銘を受けて泣いてしまいそう!だって彼女はよくやってるから!最初のリハーサルを振り返ると、キックボールチェンジが出来なかった、歩くことも出来なかった、ヒールも持ってなかった。今はヒールを履いて全部の振りを踊る。彼女はすごいよ!僕はハッピーだ!!!
ヘイリー
アシュリーが踊ってるのを見てるとき一番好きなのは動きがちゃんとできてること。もう体全体を使って踊れるし、楽しんでる。以前、アシュリーは思うように行かなくて悔しがってた。今は自分自身で気持ちよく感じながら、髪を振り乱して、笑顔で、そういうのを見てると私はハッピーになるわ!
エマ
アシュリーとは、この1か月ずっと一緒に練習してきた。今日、リハーサルの始めにビデオを撮って、アシュリーはフロアの動きや、手や髪を使った歩き方をビデオを見て自分で見返してた。カメラの前で自信を持ってるし、もはや自分じゃないみたいって思ってる感じ。この企画が始まるとき、ここまで出来るとは思ってなかったと思うわ。
ダンサーのアシュリー
私はアシュリーと踊るのは今日が初めてで、彼女のこの過程での変化を誰も私に言わなかったら、ヒールのレッスンを2個くらい受けてるって感じに見える。すごいわ。

 本番当日

アシュリー
(13:56)本番よ!今朝アラームより1時間半も早く目が覚めたからパニックになったわ。ボディースーツを着て、背中が全部露出してる。自分のことを誇りに思うし、ワクワクしてる。こんなに全力でやってきたことが信じられない。ただヒールを履いてる私を見るだけでほとんどの同僚にはショックだと思うわ。フロアでの振りになったら、きっとみんなどうしたらいいか分かんなくなると思う😏。カイルをちょっと泣かせたいわ。彼は全部を見た人って感じだし。すごいカッコイイって感じたい!曲が終わって照明のキューがなったらただ、すごいって感じたい。時間になって、ライトが落とされて最初の音がなって、私は踊り始めた!

(14:49)本番スタート!!

 本番終了後

アシュリー
みんなーー!!私たち、やったよーー!!✨✨
ミスしたってわかってるけど、そういう風に感じなかった。やり遂げた!って感じする!信じられない!やったわ!!
エマ
すごくいいエナジーだったわ!!
カイル
すごく外に向かって出来てたよ!
エマ
ビヨンセね
アシュリー
そう??
カイル
そうだよ!!
アシュリー
わたしダンスを続けたい!
エマ
レッスンに行きましょ!
アシュリー
レッスンに行こう!
アシュリー
パフォーマンスは素晴らしいものになった。同僚のみんなに見てもらって純粋にやりたいっていう気持ちをやり遂げた。楽しんで最高の時間だった!この経験で一番素晴らしいのは、最後のセクシーなバージョンの私は、ずっと私。私が誰かということに自信のある私だった。

 最後に

最初の0:14の動きから14:49の本番の動きを見ると、たった30日で全くの初心者がここまで出来るんだなって思った。フロアの動きとかすごいし。カイルさんっていうスーパーすごいダンサーの人が初心者にここまで時間を割いて教えてくれたのはアシュリーさんが著名人だったこともあるかもしれないけど、日本でも全くの初心者でも大人に教えてくれるところは数は少ないけど存在する。

カイル・ハナガミさんが全くの初心者に1から教えてるのを見て、「グルーブ」っていうやり方でダンスの楽しさを教えてるのがすごく印象に残った。子供たちと「グルーブ」をやったらすごく楽しんでやりそうだけど、大人も子供も「踊る楽しさ」っていうのは、きっと同じだよね。



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る