Bruno Marsが子供のときハワイでプレスリーの曲をよく歌っていた話

 かわいすぎる子供のときのブルーノ・マーズ

今や世界中で知らない人の方が少ないんじゃないかという人気のブルーノ・マーズ。彼が子供のとき、地元のハワイでよくプレスリーの歌をうたっていた映像をYouTubeで見つけた。大人になった今のブルーノがそのまんま小さいって感じで、かわいすぎる。

大人になったブルーノ・マーズの顔

 4歳のとき

めっちゃかわいい😍😍 お父さんにくっついてインタビューを受けるブルーノ当時4歳。お顔がもうこのまま大人になったって感じよね!

(0:42)

インタビュアー
ブルーノ、最初に君は何歳で、どのくらいエルビスをやってるのか教えてくれる??
ブルーノ
2歳から
インタビュアー
今は何歳?
ブルーノ
4歳
インタビュアー
どうしてエルビスを始めたの?
ブルーノ
僕のおじさんのために
インタビュアー
どういうこと?おじさんは何したの?
ブルーノ
おじさんは僕と一緒に歌ってくれるんだ
インタビュアー
エルビスのどこが好き?
ブルーノ
僕は歌うのが好きで、エルビスのダンスをして唇を真似するんだ(1:14)

※真似した唇が可愛すぎる件

インタビュアー
エルビスの曲はいくつ知ってる?
ブルーノ
うーんと、「Trouble」と「Blue Suede Shoes」と・・・・あと「All Shook Up」と「Heartbreak Hotel」

(1:53)

インタビュアー
ブルーノが歌う曲は誰が選ぶんですか?
ブルーノのパパ ピーター
だいたい本人が自分で好きなのを選びます。私たちはハワイでエルビスプレスリーの品を揃えたお店をやっていて、Glaceland(エルビスの家)の通りの向かい側にあるお店と似たようなお店で、お店にいる時ブルーノは私と妻と一緒に過ごし、なんでも自分でやってみます。ビデオを見たり、カセットを聞いたり、写真を研究したり。ブルーノは古い写真にとても魅了されてます。
インタビュアー
緊張したり、怖くなったりはする?それともただ楽しんでる?
ブルーノ
楽しんでる
ブルーノのパパ ピーター
毎回パフォーマンスをするまえにブルーノは祈りを捧げてるんです。両手を握って、目を閉じて神様が彼に与えてくれるものに感謝しているんです。彼が持ってる才能や、彼がしてることをお客さんが好きでいてくれることなんかに。ブルーノの場合は、エルビスになりきってるのを見てお客さんは骨抜きにされてる。

衣装をパパに直してもらってるときにマイクを使ってお客さんに言うブルーノ↓

ブルーノ
(3:02)Thank you, I love you. Today, beautiful audience.
ありがとう、愛してるよ!今日は素晴らしいお客さんだ。

ちょっと関係ないけど、このインタビューでGlacelandが何かわからなくて調べてたらエルビスの家だったんだけど、そのウィキになぜか小泉純一郎元首相が訪問してる写真があって笑ったww

そしてこのインタビューの約24年後、この時のインタビューをしていたおじさんが司会をする番組にプロの歌手となってブルーノ・マーズが登場↓(音量がデカいので注意)

司会のおじさんが言うには「ブルーノは当時とひとつも変わってない」らしい。
(おじさんの声も全然変わってないけどねww)
小さい頃にしてくれたエルビスの唇の真似を大人のブルーノ・マーズがやってくれたw(4:06)

 5歳のとき

ハワイで行われたAloha Bowlっていう大学生のフットボールの大会で歌うブルーノ。かわいすぎる・・・・。

「メリークリスマス!エブリバディ!」ってとこの最後のセリフで口パクだとバレてしまってるけど、それもまたかわいいw
この大きな大会で周りの大人も安全策を取ったんだろうけど、5歳で口パクの時、この表情できる(ホントに歌ってるときと同じ表情をできる)ってとこに艶子は感動してる。

 6歳のとき

この動画↓、0:42からブルーノ登場。さっきの動画よりちょっと大きくなってる。ブルーノの家族みんな音楽をやってることがこの動画からわかる。

 High Notes(ハイノーツ)というバンドのリーダー(3:11)がブルーノのパパのピーター。
 ブルーノのママのバーニー(3:18)もシンガー。
 そしてブルーノのお兄ちゃんのエリックはドラムをやってる(3:21)。

この動画でもブルーノはエルビスの唇の真似を披露してる(4:02)けど、これがまた可愛い。4歳のときのインタビューでお父さんが言っていたワイキキにあるエルビスのお店が4:23から登場。(このお店が今もあるかは不明)同じインタビューで言っていたおじさんのジョン・バレンタイン(4:49)も登場。

ブルーノのママ バーニー
(4:56)私の弟はショーでエルビスをやっていて、ブルーノはそのショーを見て感動して「僕もあそこに立ちたい」と言ったの。それで弟がステージに上らせて、ブルーノはちょっと踊った。そしたらみんなが歓声を上げ始めた。それが始まりでブルーノは自分の衣装を欲しがった。

(5:24)ブルーノのパパとママは、普通の子供と同じようなことも出来る限り忘れないようにしたそう。お兄ちゃんと一緒に遊んでる風景があるけど(5:55)、けっこう年が離れてるお兄ちゃんがいるのねー、と思って(ブルーノが4歳の時もドラムを叩いてたお兄ちゃん)調べてみたら1976年生まれで、ブルーノが1985年生まれだから9つ離れてるのかな。弟を可愛がってる印象。

(6:03)遊びの中でクオリティー高いマイケル・ジャクソンの声を出すブルーノ。(すごいww)

(6:28)当時のタブロイド紙で、エルビスプレスリーが4歳の時のエルビスとブルーノの写真を比べて、「エルビスの生まれ変わりか」的な記事が出たみたい。

ママの顔を見て、もしかしたら日本人の血が入ってる?と思った人もいるかもしれないけど、ママはフィリピンの出身。2013年6月、このママは亡くなってる。

 おじさんジョン・バレンタイン

ブルーノのママの弟、ジョン・バレンタインおじさんはブルーノと関係が深く、夢を追いかけてロサンゼルスに行ったブルーノがある時このジョンおじさんに電話して「おじさん、ハワイに帰るから一緒にバンドやろうよ」と言って、おじさんは「ダメだ。お前はそこにいないといけない。そこに色んなレーベルがあるんだから。何か起こるって俺は感じるんだ」とブルーノに言った。その2か月後、いろんなところに取り上げられたそう。

ちょっとジョンおじさんも めっちゃいい声してるんだけど!
すごい家族だわ・・・・。

 ブルーノが初めてステージに立ったのは日本

ブルーノ・マーズが2歳のとき初めてステージに立ったのは日本だった。お父さんのグループが日本で演奏した際にステージに上がった話をブルーノ本人がオーストラリアのテレビでインタビューを受けたときに言ってる。(動画↓1:54~)

東京だったと思い違いをしていたけど後から大阪だったと思い出してる。ブルーノのママが上のインタビューで言ってた「おじさんがエルビスの真似をやってて・・・」という話の舞台が日本だったなんて・・・!!

 最後に

インタビューを見ていて、ブルーノの家族が小さいエルビスをやるブルーノのことを誇りに思ってるのが伝わってきた。ブルーノがショーの前に祈りを捧げてることを説明するパパの顔が誇りに思ってるって感じして、そういう家族の愛がスーパースターを作ったのかなぁって。両親や家族に愛されてると感じて育つのは、きっと成功するのに頑張ってるとき心の支えになっただろうなぁ、と勝手に想像する艶子。

では最後に、大成功して世界中で大人気の大人のブルーノ・マーズをどうぞ。



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る