夢は実現できると6人の子供たちに教えるためにパパがした挑戦

 6人の子供のパパが夢を叶える

2018年6月5日の投稿から5日ほどで330万再生を超えたアメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の動画があったので見てみたら、すごく感動的だった。

マイケル・ケターさんは小児精神科の看護師で、養護施設から6人の子供たちを養子にして育てていて、彼らに「夢を叶えることはできる」と教えるためにアメリカズ・ゴット・タレントのオーディションに挑戦した。

サイモン
こんにちは

マイケル
こんにちは

サイモン
ご機嫌いかがですか?

マイケル
緊張しています

サイモン
大丈夫ですよ。お名前は?

マイケル
マイケル・ケターです

サイモン
ご出身は?

マイケル
元々はイーストテネシーですが、今はオレンジ郡(カリフォルニア州)に住んでいます

サイモン
あなたのことを少し教えてください。お仕事は何をしていますか?

マイケル
小児精神科で看護師をしています

サイモン
今日は何を見せていただけますか?シンガーですか?

マイケル
はい

サイモン
こんな風に番組に来るのはマイケルさんが仰ったことと少し方向が違うと思うのですが、どんな思考過程でここへ来たのか教えていただけますか?夢を見る志は何ですか?

マイケル
ここに来た理由は僕の家族です。僕の妻と6人の子供たちです。

サイモンと他の審査員
6人!?

マイケル
ここに来ることになったことのひとつに僕の子供たちは養護施設から来たということがあります。夢を見る事すら出来きませんでした。彼らに自由に夢を見ることができる、安全な環境の家庭を提供することに一番、価値を感じています。

(会場に拍手が起こる)
マイケル
それでパパが夢を叶えるところを彼らに見せ、彼らに不可能はないと見せたくて、ここに来ました。

サイモン
いいですね。応援しています

マイケル
ありがとうございます

There’s a light
(光がある)
A certain kind of light that is never shone on me
(僕を照らしたことのない確かな光)
I want my whole life to be lived with you
(君たちと暮らした人生がほしい)
Lived with you
(君たちと暮らした)

’cause baby, you don’t know what it’s like
(君たちはそれがどんなことか知らないから)
Baby, You don’t know what it’s like
(君たちはどんなことか知らない)
To love somebody
(誰かを愛すること)
To love somebody
(誰かを愛すること)
The way that I love you
(僕が君たちを愛する愛し方)
All the way I love you
(僕が君たちを愛する愛し方)

I don’t know never know you never ever ever know
(君が絶対わからないかは僕にはわからない)
Just the way that I love you
(ただ、僕が君たちを愛する愛し方)
Whole the way that I love you
(僕が君たちを愛する愛し方)

Baby, you don’t know what it’s like,
(君たちはどんなことなのか知らない)
Baby, you don’t know what it’s like
(君たちはどんなことなのか知らない)

良い声してるよね。

パパが歌っている間、息子の一人(長男かな?)が涙を流してること(2:43)に、ウルっときた・・・。

サイモン
この番組で僕たちが前兆を見つけるのは、テクニックがあるとか、妥当であるかとか・・・どきどき僕にとっては、それはただリアルさと驚き。正直に言うと、君がとても緊張していたので心配していたけど、ときどき言葉よりも行動が大きな声で話すと思うんだ。

そしてサイモンがゴールデンボタンを押す。

艶子はひねくれてるのか、スロー演出には騙されたくないと心のどこかで思っていて(w)、というのもスローにしたらリアルさが欠けてしまって、本当の本当に感動したときってどんな感じなのかをリアルに見たいのに・・・って思っちゃうんだよね。リアルさが見たい。だけどそれでも、子供たちの顔を見ると感動しちゃう。この子供たちを引き取って育ててるこの夫婦の存在が本当にすごいなぁとか思ったり。かっこいい生き方のパパだよね。小児精神科の看護師とか聞いただけで(ドラマの見すぎかわからんけども)激務って感じするし、6人の子育ても聞いただけで大変そうなのに、この感動的な歌声のスキルはいつ培うことができたんだろう・・・。才能を持っている人っているんだろうね。それとも練習するところも子供たちに見せる、という過程もあったのかな。子供たちの話も聞いてみたいな。

※ゴールデンボタン:準決勝まで予選免除のシード権的なやつ。各審査員がシーズン中に1度だけ押すことができる。



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る