【ダンサー】Blake McGrath ブレイク・マクグラス

 

 Blake McGrath ブレイク・マクグラス

Blake McGrath ブレイク・マクグラス
1983年11月21日生まれ。現在34歳。(2018年5月現在)
カナダ オンタリオ州ミシサガ出身。

 

Blake McGrathさん(@blakemcgrath)がシェアした投稿

艶子が初めてブレイクさんを見つけたのは大好きなブライアン・フリードマンがアップしてる新しい振りを見てるとき。(↓再生時、音量注意。特にイヤホンの方)

 

Blake McGrathさん(@blakemcgrath)がシェアした投稿

振付:ブライアン・フリードマン

この人は誰?と思ったらウィキペディアが作成されてたんで、凄い人なんだなと思った。艶子が好きな海外のダンサーの人たちはwikiのページが作成されてること自体、珍しい。(だから、だいたいは自力で血眼になって探すしかないわけだけど・・・)

 ダンサーとして

最初に彼が公に知られるようになったのはアメリカでの人気ダンス番組 So You Think You Can Dance(SYTYCD)のシーズン1に出てから。(ブレイクさんが出演したシーズン1は2005年。今もこの番組は人気で続いていて今年の2月にシーズン15が始まった)

ブレイクさんがこの番組SYTYCDのオーディションを受けた時の映像があった。↓

この番組では若き日のブライアン・フリードマンも審査員として参加していたみたい。↓この動画では当時のブレイクさんの態度についてかなり注意を受けてるみたい。若い時は誰でも間違うことはあるよねー。一応、ブライアンが審査員だったという紹介として貼っておくねー。

SYTYCDのカナダバージョンでブレイクさんは2008年から2010年まで振付師として番組に参加した。

 アーティストとの仕事

2006年マイケル・ジャクソンの30周年スペシャルコンサートに参加したみたいで、探してみたらなぜか日本語の字幕が付いたやつ↓があった。1:05:00頃からマイケルのすぐ右で踊ってるのがそうじゃないかな。ブレイクさんを探してこの動画を見始めたんだけど、このコンサートに出演してるアーティストが凄すぎ。

沢山の著名アーティストたちと共演したのを本人がまとめたやつがあった↓

サラ・ジェシカパーカー、マドンナ、ブリトニー、カイリーミノーグ、ジャネットジャクソン、ディスティニーズ・チャイルド、ピンクなど、すごい顔ぶれと共演してる。

 ブライアン・フリードマンとの関係

前述したようにブレイクさんが初めてアメリカのテレビに出た時はブライアン・フリードマンは審査員で、ブレイクさんは審査される側だったんだけど、その後 交流が続いているみたいで、ブライアン・フリードマンがブレイクさんのレッスンを受けに来たのがインスタにアップされてた。ブライアン・フリードマンってレッスン受けに行くんだね(↓再生時、音量注意)

 

Blake McGrathさん(@blakemcgrath)がシェアした投稿

ブレイクさんはブライアン・フリードマンに出会って人生が変わったと言ってる。
二人はレッスンを受け合ってるんだね。

 歌手として

2010年4月27日にファーストシングルThe Nightをリリース。同年11月2日にこのシングルを含むデビューアルバム time to move をリリース。

The Night (Only Place to Go)
/ Blake McGrath



クオリティーが高くてビックリ。このアルバムをベースにしたStage Fright Tourというライブツアーを2011年に行った。2013年にはセカンドアルバムのLove Revolutionをリリース。

 自分の楽曲への振付

ブレイクさん本人の歌に本人が振付をしてる。このMissing Youて曲、けっこう好き。When you close the door I am already missing you(君がドアを閉めた時、もう君が恋しい)てサビが好き。

ダンサーでショーン・ルーケイシー・ライスが参加してる。

INSTEADという曲↓

このビデオ↑のメイキングがあった。↓

このLOVE MYSELFって曲↓は2017年12月にリリースされた曲で、艶子はこの曲がかなり好き。

I don’t wanna be perfect
(完璧になりたいわけじゃない)
Just try to be honest
(ただ誠実になろうとしてるだけ)
I know that I’m worth it
(僕にはその価値があるってわかってる)
Put my fear on the shelf
(恐れを一旦、おいて)
Let all of my light come out
(僕の光を全部出して)
Let it shine on my doubt
(疑う気持ちにその光を向けよう)
I can’t hide it
(もう隠せない)
Cause I finally love myself
(だって、やっと自分を愛せたから)

ブレイクさんの歌声めっちゃ素敵。1:17からセージ・ローゼンくんがブレイクさんの子供時代を演じてる。

 最後に

ブレイクさんはジャスティン・ティンバーレイクのファンってどこかのインタビューで言ってた。なので最後はブレイクさんが振り付けたジャスティン・ティンバーレイクの曲をどうぞ。

海外のダンサーたち一覧




シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る