【歌手】Jordan Smith ジョーダン・スミス

 Jordan Smith ジョーダン・スミス

Jordan Smith ジョーダン・スミス
1993年11月4日生まれ。24歳。(2018年5月現在)
アメリカ合衆国ケンタッキー州ホワイトリー出身。

 

Jordan Smithさん(@jordansmithlive)がシェアした投稿

 The Voice シーズン9

艶子が初めて彼の歌を聞いたのは、Siaのシャンデリアを歌ってるのを偶然YouTubeで聞いて。これ↓ 2015年9月21日放送のザ・ボイスのシーズン9。これはブラインド・オーディションっていって4人の審査員が後ろを向いて歌を聞いて、自分のチームのメンバーに欲しいと思ったらボタンを押して振りむくっていうシステム。シーズン9の審査員は、振りむいた後の向きで左からマルーン5のアダム・レヴィーングウェン・ステファニーファレル・ウィリアムスブレイク・シェルトン

ジョーダンさんの声質も好きだけど、艶子は彼のアレンジの仕方がけっこう好き。その音いくんだ、っていう驚き(もちろん良い意味で)を持ってきてくれる。当時、彼の歌声に魅了されて追っかけサーフィンしてた。

この歌の後、ファレル・ウィリアムスが「もしよければ、これまでのことを聞いても?」と質問。

教会でよく歌っていてそれが自分のルーツ。自分の声は人と違っていて、いつも電話で女性と間違われる。(ここで「僕も」とアダムが言う)どこのドライブスルーでも女性と間違われる。みんなとすごく違うということを学ばされたけど、それは特別だということでもあった。それが僕にはギフト。人と違っていてもいいし、自分自身のままでいていいということを共有するすばらしい機会をこのステージでもらった。

そして審査員がコメント。

アダム・レヴィーン
君を知ることは、君の歌声以上に素晴らしいこと。これはただのステージじゃなくて、世界は君みたいな人を知る必要がある。君はこれまでのこの番組で一番重要な人だ。

ファレル・ウィリアムス
人との違いについて言うと、人と違ってることは自分を特別にしてくれること、それが僕たちアーティストのおおもとで、僕はそれで自分が誰かということを感じられる。

オーディションを受けている側は振り返った審査員の中からコーチを選ぶことができる。ジョーダンさんがコーチに選んだのはアダム・レヴィーン。この動画の最後でアダム・レヴィーンは、「今シーズンはもらった」と言って確信している様子。

この日の放送後、アダム・レヴィーンがジョーダンさんについてツイート。

ジョーダン!!!君はユニーコーンなのかい?僕はユニコーンを見つけたのかな?

グウェン・ステファニーもツイート。

ワオ!まだジョーダンに感動させられてる!こんないいサプライズは思ってもなかった!

 2度目の出演。2015年10月12日

トップ48

音源参考↓
Like I Can
/ Sam Smith



 3度目の出演 2015年10月26日

トップ32

 4度目の出演。2015年11月9日

トップ24

音源参考↓
Halo
/ Beyoncé



 5度目の出演 2015年11月16日

トップ12

音源参考↓
これは讃美歌でジョーダン・スミスの歌う歌が
iTunesでも配信されている。ビルボードチャートで1位に。
Great Is Thy Faithfulness
(The Voice Performance)
/ Jordan Smith



 6度目の出演 2015年11月23日

トップ11

音源参考↓
Who You Are
/ Jessie J



 7度目の出演2015年12月7日

トップ9

音源参考↓
Somebody To Love
/ Queen



 最終日 2015年12月14日

トップ4。最終日は3回出場。

音源参考↓
映画「サウンドオブミュージック」より」
Climb Every Mountain
(The Voice Performance)
/ Jordan Smith



 そしてジョーダンが優勝

4位から順位が発表される。ジョーダンさんが優勝ってわかってるのに、これを見て泣いてしまうww 家族が壇上に上がってきたのには、やられた・・。

トロフィーの渡し方がすごい雑なのと、途中からエンドロールの速度が8分音符級には笑ってしまったけどww

家族とコーチのアダム・レヴィーンがハグしてるのにもグッとくるよねー(涙)

関連記事
ザ・ボイス season 9 優勝後のジョーダン・スミス



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る