【ダンサー・振付師】Tricia Miranda トリシア・ミランダ

 

 Tricia Miranda トリシア・ミランダ

Tricia Miranda トリシア・ミランダ

1980年1月19日生まれ。現在38歳。(2018年4月現在)

アリゾナ州ユマ出身。

 

TRICIA MIRANDAさん(@1triciamiranda)がシェアした投稿

とにかくトリシア・ミランダの選曲もサイコーだし作る振りがカッコいい。艶子がハマったYouTubeの再生ボタンを何回も押したやつを立て続けに紹介するよ。音量大きめで聞くと余計カッコいいよ。

同じ振りで別のダンサー↓

これ↓見てたらマジ寝れなくなる。 Step Up High Waterのエピソード6で出てくる音源。 画面を最大化して何回も見てたら、スワッグ(黄色いパーカ)が前に出てきたときに左側にいる手を叩いてる小さい男の子がいて、この振りを見てる時の艶子の気持ちをその子の表情が全部代弁してくれてるw 中毒性が高くて、ぼーっとしてる時トイレとかお風呂とかで艶子はこの曲が回り始めるw

これ↓のショーン・ルーがマジすごい。

最後トリシア・ミランダ本人が出てきた時のラスボス感が半端ない・・・w
この音源の公式ミュージックビデオが全く同じ振りをしてるんで、トリシア姉さんの仕事ということが判明。公式音源の2:45あたりから同じ振りが見れる。公式音源のミュージックビデオは1億再生超え!

音源参考↓
Team / Iggy Azalea
Team
/ Iggy Azalea



 

 バレエの名門校で奨学金

3歳の頃、お母さんがダンス教室にトリシア・ミランダを入れタップ、バレエ、ジャズダンスを始めた。16歳の頃ヒップホップをトリメイン・ダンスコンベンションでウェイド・ロブソンに習い始めた。当時ウェイド・ロブソンは14歳。

片側を剃り上げた髪にお団子、ダークな口紅、フープのピアスにバレエシューズを履きバレリーナとは思えないファッションをしていたが、10代の終わりごろにはバレエスクールの指導者になり、シカゴの名門校ジョフリー・バレエスクールで全額奨学金を受けた。本人は自分のことを「チョーラ(Chola)バレリーナ」と称していたそう。21歳になるとダンスの夢を追ってロサンゼルス移動。24歳のときビヨンセの目に留まり、Ladies Firstの世界ツアーにキャスティングされた。その後、ブリトニー・スピアーズ、ジェニファー・ロペス、Black Eyed Peasと仕事をすることになった。

 アーティストとの仕事

2006年ビヨンセのMTVでのパフォーマンスにトリシア姉さんがいます↓

ビヨンセの右側がトリシア姉さん↓

 

TRICIA MIRANDAさん(@1triciamiranda)がシェアした投稿

これ↓はジェニファー・ロペスのミュージックビデオ。これはトリシア・ミランダ本人がインスタにアップしてたんだけど、ジェニファー・ロペスの右側の青い服かなって思ったけど、なんか顔が違うよね、どこかな?って思ってこの投稿のコメント欄を見てたら、「どこ?」ってやっぱり同じこと思った人がいたみたいで、それにトリシア姉さん本人がコメント返してた。「2人しか踊ってる人がいなくて、私は黒人じゃないから・・・ということは!!wwwww」と草を生やしてたww(厳密には草じゃないけどさw)

ということで、ジェニファー・ロペスの右側の青い衣装が姉さん。

 

TRICIA MIRANDAさん(@1triciamiranda)がシェアした投稿

 ファッション、メイク

ファッションやメイクをとても重要視していて、よくダークなリップでインスタに登場する。赤めのリップの時もある。アイラインをしっかり引いてマスカラも上下しっかり長めにして眉ラインもしっかり引いているのが特徴。

 

TRICIA MIRANDAさん(@1triciamiranda)がシェアした投稿

 

TRICIA MIRANDAさん(@1triciamiranda)がシェアした投稿

 今の世代のダンサーたちに伝えたいこと

トリシア姉さんのインタビューを色々見ていたんだけど、インタビュー中にダンサーたちに対して思うことについて「これ前にも同じようなこと言ってたな」っていうのが何度かあって、いつもそう思ってるんだろうなって思ったから紹介するよ。

今の世代のダンサーたちは、キレイでいることや正確さに囚われている。完璧に振りを覚えることや先生を感動させることを気にしていて、踊ることを忘れてる。私がレッスンしている時、8カウントや正確な振りはみんなやるけど、その間のパフォーマンスをダンサーたちは忘れてる。先生がやり方を教えられないことがあって私はパフォーマンスの質を引き出してあげられないし、私はあなたたちの一番重要な部分は引き出してあげられない。自分自身でやらないといけないことなの。それは私が教えてあげられないこと。最近の多くのダンサーたちは、ただ振りにフォーカスしてる。今の私の仕事は、その子たちを緩めてあげて「もっと荒々しくなって」って言い続けてる。みんな、すごいお行儀が良すぎる。もっと荒々しくなってお互いにエネルギーを与え合って!みんなにそういう事を分かってほしい。私にとっては「パフォーマンス」が一番重要なことなの。

海外のダンサーたち一覧




シェアする

フォローする

スポンサーリンク

トップへ戻る